はる*るらら 育児日記

2013年カナダ産・一人娘ゆい+ミシン(Lv.3)

3歳半☆微妙な初ディズニー

木曜日、今回の日本帰省ハイライトのひとつ、ディズニーランドに行ってきました。3歳まで無料ということで、理解力も深まる4歳手前が一番お得という話だったので。私も10年ぶりくらいだったのでとても楽しみにしていたんだけど…結果からいうと、やっぱり3歳でもまだ早かったな!

敗因は・・・

ゆいはアトラクションに乗れば、とても楽しそうでノリノリだったのだけど、とにかく早朝に起きたこともあってアトラクション間は「疲れた」「ストローラー乗りたい」「眠たい」連発。後ろを向けば次はどこへ行くかの指示待ち母と母彼。私の上がるテンションもあがりません!ひたすら地図や待ち時間を見て何とか要領よくやろう頑張っているだけで午前中が飛んでいった。

3歳児にはやはり規模が大きすぎるんだな。早いうちから歩かせるのはあきらめ、体力温存のために移動はストローラー。待ちの時は空いていたためか、ストローラーを降りるよう言われるため、立っていなくてはいけない。一応、並んでしまえばワクワクがあったのか、抱っこ攻撃に合わなかったのは本当によかった。


f:id:harumimapleleaf:20170528214434j:plain

ミニーちゃんのポップコーンバケツを婆ちゃんに買ってもらったのは多分、彼女の中で覚えていることの一つになるだろうくらいは喜んでいた。ポップコーン食べ放題だしね。幼児と行列に並ぶときは必須アイテムです。


f:id:harumimapleleaf:20170528214421j:plain

昼食はジャングルクルーズの前あたりでラーメン。ゆいはご飯も食べずに爆睡中。ディズニーにしては普通においしかった。カナダで食べられるレベルだけど(笑)そしてディズニーの要素はひとつもない。


f:id:harumimapleleaf:20170528214410j:image

昼食後に始まったパレード時に、ゆいをたたき起こすも無反応。大好きなプリンセスも目の前を通ったのに・・・。せめてエルサが居れば大分テンションも違っただろうに、今の日本のパークにはエルサはいない。なぜー。

3歳とスプラッシュマウンテン

今回のディズニーは、ゆいにとってはキャラクターよりも乗り物。特に何が面白かったと聞いたら、スプラッシュマウンテンらしい。ファストパスを取る時、ビックサンダーを取る予定だったのになぜか間違えてスプラッシュマウンテンの方を取ってもらってしまった。取ってきた母彼も、取ってきたものの、「まだ早いんじゃないの・・・?」と不思議そう。そうですよね。90CM以上なら乗れるのだけど、さすがに3歳児は見かけなかった。それでも落ちるコースターを見ても逆にテンション上がって乗りたい乗りたいと言うので乗せることに。

いつ落ちるのかわからないので、途中のメルヘンな感じなど目に入らない緊張気味のゆいさん。本番の落下前の2回の落下でこっち系がダメな私も、なぜビックサンダーマウンテンの方を取らなかったのかと後悔。本番前のカタカタ上るところでゆいが遂に「降りられないよね?」と弱音を吐く。

落ちた時は固まっていたゆいさんだったけど、落ちた切ったら「もぉ!かーお!濡れたし!」と濡れた事に文句を言うほどの余裕を見せていた(多分やせ我慢)ちなみに母も母彼ももう乗りたくないそうだ。

ゆいは、後はホーンデットマンションがやや強張っていた程度で他の大人向けのアトラクションも楽しんでいた。意外に度胸があります。 

 

それでもとっても幸運だったこと

ー予報が雨だった。しかし降ったのは午前中に傘が不要な程度で、午後は晴れ間もあった。
ー風があって涼しかった
ー空いている時期を狙ったのだけど、更に空いていた。パレードは場所を取らなくても2列目で見れるほど。一番混んでいたハニーハントでも40分くらい。大体は5分~15分で乗れた。
ー更にミュージカルの指定席に当選
ーアトラクションは全部で14個くらい乗れた
ー入場料は首都圏在住割引で1000円引き

なので、ゆいの初ディズニーの思い出としては微妙だけど元は取れたと思う。これで連日のように暑かったら、ゆいは更に動かなかっただろうし、15分の列で飽きて疲れていたので、1時間待ちとかだったらもう途中でアトラクションに乗るのは諦めていただろう。

でも・・・次回は小学1年生になってからでいいかな。少なくとも、一日歩き回れる体力が付いてから再トライしたい。そして次回は必ず姪も一緒に連れていこう。旦那もこれたらいいな。

 

f:id:harumimapleleaf:20170528214438j:plain

ディズニーの日は最後の最後まで眠い眠いを繰り返し、帰宅後速攻で爆睡。次の日は9時近くまで眠り、元気いっぱいのゆいさん。金曜日は近所でイオン、図書館、児童センターとのんびり過ごす。カナダとはそもそも違う生活だしこの程度でも十分に楽しそうでした。ちょっと今回も予定を詰め込みすぎたかー。