はる*るらら 育児日記

2013年カナダ産・一人娘ゆい+ミシン(Lv.3)

娘☆3歳5ヶ月

ゆいも3歳を過ぎて、ぐっとお世話が楽になりました。もう2歳の頃とは比べ物にならないほどの理解力と物分りの良さ!引越し時のバンクーバーへのフライトも、私は9キロのデブ猫とスーツケースを手荷物で持っていたので、黙々と後ろから着いて歩いたゆい。歩いた事より、緊張感のある空気を読んで大人しく従えるという成長を感じ、母は嬉しかった(´Д⊂ヽ

 

トイレトレーニング

2歳半から進めたトイレトレ、失敗と成功を繰り返し、終わる事なんて想像もつかなかったけど、3歳すぎから段々とトイレの失敗が減へり、今では昼寝くらいはおむつ無しでも平気。外出先でも失敗することもなくなりました(・∀・)
今は夜のみオムツを履かせていて、朝になると自分のタイミングで(オムツが痒かったり、重かったり、トイレに行ったらついでに)勝手に箪笥からパンツ出して履き替えている。もうそこまで出来るならオムツ要らなくない…。

それでもあまりにも感覚が空くと「トイレは?」と言ってあげないと忘れていたり、突然(レジで支払い時とか)限界MAXで「トイレー!!!」とかいう。出来るときにトイレに行っておく、というのはまだ難しいみたい。

ちなみに難航していた大も、3歳過ぎにクリア。2歳代にトイレトレが上手くいかず、友人に「3歳過ぎるのを待つ」とアドバイスされたのだけど、まさにその通りでしたわ。

遊びっぷり

一人遊びに幅がでてきました!並行して一人遊びの時間も増えてきた(ノД`)タスカルゥー
プレイデート中や、学校でお友達がしていた事をまねて遊ぶようになったからみたい。特に、うちでプレイデートすると滅多に遊ばないおもちゃなんかで遊ぶお友達を見て、その後それで遊ぶようになったり。本当に同年代の他者から学ぶことの多さ!

f:id:harumimapleleaf:20170328053736j:image

それでもいわゆる真似っこ遊びも、そこまで具体的でもなく、人形遊びでも、「こんにちは」「お散歩いこう、てくてく」「もう寝ましょう」とか、その程度の会話しか思いつかないようなので、長々と遊ぶこともないです。一人遊びと言っても、色々な遊びを次々に変えて遊んでいる様子。

でも、0~2歳半くらいまで一人遊びがほぼ無かったゆいさん、相変わらず一人遊びもおもちゃで遊ぶのも他の子に比較して少ないかも。これは一人っ子の宿命なのか?とにかく遊びには父母を巻き込みます。しかし母は幼児と遊ぶのは苦手基本的にはゆいとは何かの作業をして楽しませる方向なわたしです。例えば知育アクティビティとか、料理とか掃除とか洗濯とか(ほぼ家事を手伝わせているw)旦那は帰宅後、ゆいと全力で遊んでくれるので助かります。ゆいはダディが大好きなんだってさ(ノ∀`)


f:id:harumimapleleaf:20170402065045j:image

ここ最近では何でもないものを工夫して使って(この場合は段ボールをベットに見立てて)遊べるようになったのは素晴らしい。ゆいは本当にこういったイマジネーションスキルが低い(例えばベットのおもちゃはベットとしてしか使わない)


f:id:harumimapleleaf:20170328053747j:image

しかし、ゆいの最大の長所は、子供が居ればとにかく仲間に入ろうとするところ。でも仲間に入るのが上手な訳では決してなく、無視されたり、実は一緒に遊んでいないのに遊んでいるつもりになっていたり、あるいは付いていけず置いていかれたり…そういった経験をもう、2歳くらいからしている。

最近は何をされてもあまりめげずに、一緒に遊びたい子供が居れば後をひたすら追いかける。目を合わせようとする。そんな感じでいつの間にか、公園や室内プレイグラウンドで知らない子と遊んでいたりする。すごいのは英語が全然できないのに地元の子と遊んでいること。ちょっと会話が必要な複雑な遊びになると別の子を見つけて遊んでたりする。でもそのうち、ちゃんと名前を伝えて「一緒にあそぼ?」と言えるようになれたらいいね。

昨日など、リノベーションの為のあちこちのサイズを図るために新居に行った時、集合住宅なので敷地内で遊ぶ4~8歳の子供たち数人が遊ぶところに、いつの間にか混ざっていた凄いリア充ぶりのゆい。ちなみにただ無言で輪の中に入っていった。そんな荒業わたしにはとても無理です…。最終的に「あなたの娘さんすっごくかわいいね!!私たち、この辺りを案内してあげるよ!」と5歳の女の子に声をかけられ、ヘタレな私は断れず敷地内の彼女たちの家ツアーに連れて行ってもらいました。正直、大人たちの「あの見慣れない中国人は誰だ?」な視線が痛かったです。

食べっぷり

相変わらず食べません(TдT)。ひたすら「食べなさい」を繰り返し、タイムアウトを繰り返して完食させていたのだけど、とにかく本当にお互いストレスで食事が楽しくない。

それで、今は「全部食べなくてもいいけど、次のご飯まで何も食べられない、好きなおかずのお代わりもなし」とルールを変えて、怒るのをなるべくやめてみました。

食べきらなかった時に、お菓子食べたいと言われたら「お腹いっぱいでご飯全部食べられなかったんだからお菓子もたべられないでしょ?お腹いっぱいでしょ?」というと、本人も「・・・・」となって次は食べようと頑張っていました。それでも食べられない時は全然食べられないらしく、そもそもあまりエナジーを消費しないのかも。美味しそうにがつがつ食べる男の子のママがうらやましい。女の子は基本的に小食みたいね。

睡眠っぷり

相変わらず昼寝をします。3時から1時間。ただし、昼寝をしない日が週に2、3回。でもする日としない日はいまいち読めず…。夜は8時半ベット、就寝は9時。朝はきっかり8時か、早いときは7時半に夫婦の寝室に起こしにくる。睡眠に関しては、生後6か月でネントレしてからは相変わらずとても楽です。

私のママっぷり

ゆいが3歳を過ぎ、一人っ子、女の子というかなり楽な子育て条件だと思われます。私の母親業はぐっと楽になりました。それでも、週1の日本語プリスクール2時間のみしか学校が無いので、その他の時間はずっと一緒。確かにずっと構ってあげないといけないわけではないけど、ずっと見ていないとダメです。なので、特に自分の時間がある訳ではないけど、妙に手が空くのです。そしてなるべく3歳児を楽しませながら生活することに重きを置くのはそれはそれで大変です。正直、地元のフルタイムのプリスクールにでも入れちゃおうかな。とも思うけど、そしたら英語が強くなってしまうだろうし、さすがに私が楽すぎるかな笑。どうやら来年の幼稚園からはフルタイムになるようなので、それまではこの調子で生活することになりそう。

 

とりとめなく、ダラダラ書いてみました。3歳ともなると毎月は見えてこなくなる成長。それでも何が出来て何が出来なかったのか、忘れないように書いておきます。