はる*るらら 育児日記

2013年カナダ産・一人娘ゆい+ミシン(Lv.3)

伊豆高原★2日目

二日目は7時ごろに3歳姪と妹が先に起きたので、お風呂に行かせる。姪は久しぶりのママ独占に舞い上がったらしく、ハイテンションで部屋に戻り1歳姪とゆいを起こしてしまう。ゆいも私もがっつり寝不足だけどまあ仕方ない。私とゆいも朝風呂へ。滞在中3回も温泉に疲れて幸せ…。

大人の朝食はこんな感じ。幸せー!
f:id:harumimapleleaf:20170604224355j:image

子供のご飯はまたも洋食。オムライスやパン、コーンスープと美味しそう!!…しかし朝はそもそもそんなに食べない子供たち。やはり殆ど食べませんでした…。

この日は朝から雨模様。仕方ないのでとりあえずぐらんぱる公園の横にある、道の駅ぐらんぱるぽーとへ。大人はお土産を仕入れ、観光案内があったので雨でも子供が楽しめる観光施設を聞きに行く
f:id:harumimapleleaf:20170604224405j:image
子供たちは相変わらずこういったおもちゃコーナーに吸いせられていく。その間に、観光案内で聞いたところによると、帰り道の熱海にある熱海城の地下に室内遊技場があり、無料で遊べるらしい。大人は城見学、子供は下で遊んでいられるなら丁度いい、とそこに行くことにした。
f:id:harumimapleleaf:20170604224424j:image

雨が降っていても、子供は友達が居ればそれだけで楽しいみたい。


f:id:harumimapleleaf:20170604224413j:image

ちなみに、この道の駅にも足湯。この足湯の横には網焼きレストランもあったけどこの時は貸し切りだったようで入れなかった。牡蠣が美味しそうだったな~!

f:id:harumimapleleaf:20170604224452j:image

昼は1日目によった道の駅の近くにある100円回転寿司へ。ゆいも姪も寿司が大好物。よく食べる(珍しい)二人で競うように食べて、最後は団子にジュース。100円寿司だけど、伊豆だし魚は新鮮なんじゃ?という期待を込めて入ったけど、チェーン店はやはり仕入れ場所はどこでも同じのようです。まあ微妙なお味でも、とにかく安い。そして子供には味などそんなに気にならないみたい。とはいえ、大人も何だかんだ結構食べてたな。

お寿司も食べて、さあ熱海城に出発!

と、思っていたら何だか大きな公園が見えてくる。思わず立ち寄ったところ、車から子供がリーシュが外れた犬のように飛んで行った。
f:id:harumimapleleaf:20170604224501j:image

ちゃんと年齢別に遊具が分かれていたし、とにかく空いていて、しかも午後になり天気がいきなり回復。気持ちい天気だし、海へのビーチもあることだしここで十分と、熱海城は行くのを止めてここで過ごす。


f:id:harumimapleleaf:20170604224514j:image

ビーチにも降りてみたら、姪二人が興奮しすぎてすごいことになった。特に初海の1歳姪が手を放すと海へ突っ込んでいく(つかんでいてもすり抜けて海へ入ろうとする)危なくて仕方ないので、30分ほどで直ぐに引き上げる。足を洗う蛇口も、トイレもあって便利でした。週末や夏シーズンは混むんだろうなあ。海も鎌倉の海とは比較にならないほどきれいでした。 


f:id:harumimapleleaf:20170604224713j:image
そのあとは、少しだけ時間があったので、熱海のなんとか神社へ。大きな杉の木を祭っているモダンな神社でした。ゆいはここで「赤ちゃんが来ますように」「ママがもう怒りませんように」とお願いしていた。どういうこと…。

この後は妹の東京の自宅へ送り届けた後、横浜の実家へ戻りました。帰宅途中でラーメンを食べたけど、ゆいがもうググズグ。ラーメンも全然食べない。みんなお疲れでした。でもとても楽しい旅でしたー!

伊豆高原★1日目

水木で伊豆高原へ1泊旅行に行きました。さすがわたしく雨女。ずっと晴れ続きだったのに水木の予報は雲か雨!ちなみに私が日本へ発ったその次の日からバンクーバーは晴天続きらしい(-_-)

伊豆高原へは車で、母、母彼、妹、めい×2、私とゆい総勢6名で行ってきました。余裕を持って行動し疲れ過ぎる事もなく、子どもたちは楽しそうで良い旅でした!

道の駅マリンタウン

9時半に実家を出発。車でゆいと姪は二人並んで座り、真ん中にはディズニーで買ったポップコーンバケツ。二人共うっきうきです。キャッキャと女子トークしながら道中はビデオ見せる必要もなく二人だけで楽しんでた。

そしてまずは道の駅マリンタウンへ寄り、お土産物色(3歳二人は試食を楽しむ)とお昼を済ませる。キッズスペースがあるというレストランで食べたのだけど値段の割には味もボリュームもイマイチ…。ただ、キッズスペースは、やはりあると助かる。

f:id:harumimapleleaf:20170603222207j:image

海の見える長い足湯もあり、足湯があるよ!と教えてあげたがよく分かってなかったゆいも、じゃぶじゃぶ楽しそうに行き来していた。空いてて良かったー。姪はしゃがんでしまい服をぜーんぶ濡らし妹に怒られる。ゆいは服が濡れるのを嫌がるので慎重に遊ぶため着替え不要。

 

よく土産物屋の片隅でよく売っているキラキラしたおもちゃの指輪。400円位して、子無しの時は誰が買うんだろうと思っていたけども、幼児が買うんですね(正確には親が)ここで3歳二人が欲しい欲しいとなり、妹が買ってくれてゆいも大層大切にしていたが、次の日に思ったとおり、まんまと無くしました。無くすのは知っていたので、今後一切指輪のおもちゃは買わないという約束を元に買ってもらったのでこれはレッスン代。妹には悪いけど。

シャボテン公園

駅の道からホテルへの道で、子ども3人は車で爆睡。起こさずとりあえずチェックインだけ済ます。この時点で3時頃だけど明日は雨の予報のため、シャボテン公園は初日がいいんじゃないかということに。

子どもたちも起き、「動物園」に行くと聞いて大はしゃぎ!…しかし、駐車場に到着してから入場料が割高なことに気づく。5時閉園で2時間くらいしかないのにこの値段は…明日出直した方がいいのでは?いや何とか少しでも割引とかないかな?…と、窓口に行って交渉したところ、なんと少し安くしてくれました!!やってみるもんです。

 入ると直ぐに観客参加型のショーがやっており、ノリノリの姪が選ばれステージへ。犬と競うゲームで、負けてしまった負けず嫌いな姪は納得が行かずなんとステージから降りることを拒否^_^;

結局、再戦させて貰い何とか勝たせて貰ったようです。貰ったバッチを誇らしげに見せて、1つはゆいにくれました。ゆいは「あっちゃんすごい」と、特に自分もやりたいとかは言わず(笑)


f:id:harumimapleleaf:20170603222434j:image

 この施設でサボテンっぽいところは、シャボテン狩りの建物ぐらい。ほぼ動物園。結構珍しい動物もいて、そして距離も近いので1歳の姪も楽しそうにしてた。各動物の近くに餌が売られていて、動物もそれを知っているのかめっちゃ寄ってくる(そして餌がないと知ると直ぐに去っていく)


f:id:harumimapleleaf:20170603222440j:image

幼児は漏れなく乗りたがるであろう動物型の乗り物も。姪は一人でスイスイ運転してた。その隣で特に「ゆいも運転したい!」とも言わず大人しく座っていたゆいさん。

ちなみに触れるミニ動物園の建物を最後の最後に見つけてしまい、閉園間際だったので動物が全然居なかった…残念!ここが1番楽しそうだったのに〜

伊豆高原五つ星

ホテル伊豆高原五つ星へ戻り、お風呂行って食事。ここは母の仕事関係でかなりお安く泊まれた!元々は保養所だったとかで、お風呂や施設は普通だけど、お客さんが少なく静か(私たちが騒音で申し訳なかった)、お風呂も貸切状態で子どもたちは大喜びだった

アメニティも歯ブラシから洗顔フォーム、ボディタオルなどフルセットで籠に入っていたし、


f:id:harumimapleleaf:20170603222228j:image

冷蔵庫の飲み物や、ロビーのコーヒー、マッサージチェアなんかが何と無料!ホスピタリティもよくて細かい気配りや声かけ、料理も1品ずつタイミング良く出てきて素晴らしかった(T_T)


f:id:harumimapleleaf:20170603222235j:image

お子さまランチも美味しそう〜。子どもたちもテンションアップあがるー

しかし、それもつかの間どちらかと言うと私の料理ばかりつまみ食い。私たちの子どもたち、実は和食派なんです…ゆいなんてカナダ住みだけどバーガーより寿司好きなんです。残ったお子さまランチは大人が頂きました。

 

ご飯のあとは、カラオケー!

1時間1000円!やすっ

ゆいは始めは、カラオケ??って感じだったけど、姪がノリノリでアンパンマンを歌い出すと一気にテンション上がって、うー、とか、ああー、とか合わせて歌っていた。ついでに1歳の姪も大喜びで歌う二人の前で、くるくる回っていた。かわいい!かわいい!ゆいの初カラオケでした!

 

部屋は無謀にも妹と姪二人と同室で、やはり1歳の姪が寝ず…。3歳の姪はさすがに慣れてるのかそんな中でも電気さえ消せば寝るようだ。しかし、一人で静かに個人部屋で寝ることに慣れているゆいはさすがに寝れず(もちろん私も)、10時を回っていたがどうせ寝付けないならと、ゆいと部屋を抜け出してお風呂。ゆっくりと静かに二人で入るお風呂も意外に良かった〜!戻るとさすがに皆寝ていた。しかしこんなに遅くにゆいを寝かせたことを知ったら旦那が怒りそうだ…。日本来てから就寝が遅くなりがちだ。

 

1歳姪が1度夜泣きをし、私はばっちり起こされたけど、3歳二人はピクリともせずに深く眠っていた。明日も沢山遊ぶよー!

 

初の姪宅お泊りと、一時保育

姪んちで初お泊り

土日は都内の姪のマンションにお泊り。ベットルームが一部屋しかないということで、ほぼ雑魚寝でしたが、さすがに1歳の姪(次女)の寝付きと夜泣きがあり、みな思いっきり寝不足でした…。まあでも1年に1度のこと、仕方ないでしょう。

私とゆいはベットで寝かせてもらったんだけど、姪二人が寝ぼけて夜中に、寝ぼけたのか自分たちがベッドから落ちたと勘違いしてベッドに上がろうとしてきた笑

ゆいと姪(長女)は二日間、楽しそうで駅で会った瞬間からテンションMAX!でも二人でいれば親二人は構わなくて済むかといえばそうでもなく、特に自宅だと姪はまだまだ独占欲?あるいは妹がゆいを可愛がるのでジェラシーのためか、とにかく自分のものを貸すのを嫌がる(箸とかベッドとか)それでゆいや妹を蹴ったりするので、完全には目が離せず。


3歳児は特に疲れるとまだまだ全然だめです・・・

姪は暴力的になり、ゆいは突かれただけでギャン泣きする
疲れる組み合わせです


f:id:harumimapleleaf:20170530224553j:image

 外でも、興奮で大声をあげながら走って行ってしまうので、なかなか目が離せない。楽しそうなのはいいんだけどね…。

 

f:id:harumimapleleaf:20170530224601j:plain

二日目はとにかく親も寝不足だし、幼児3人は大人二人の手に余るので、近場で済ませることに。お弁当を近所で買って、児童館で遊ばせておしまい。家でもひたすら二人で遊んでいたし、それだけでも楽しそう。特にゆいはおもちゃで遊ぶのが久しぶりで、かなりハマって遊んでいた。 姪は電車で、ゆいはあかちゃんでおままごと。趣味が違いすぎて絡んで遊ばず


ちなみにこのばたばたのお泊りで、ゆいは何気に夜もパンツデビュー。夜だけおむつだったのに、お風呂の後の着替えを妹に任せたらパンツ履かせていたらしい。朝気づいてびっくり。全然大丈夫でした!おむつ無しウェーイ!! 

 

初の一時保育

そして月火は遂に、初の日本での保育園体験。リフレッシュ休暇ということで、週1で3時間だけお世話していただくことに。歩いて5分だし、1時間150円だし、サイコー!!ゆいもノリノリだし良かった!日本人の子供だらけ、楽しんでおいでー!と、送り出した。保育園では速攻で5人くらいの子供に囲まれ、何歳?名前は?これから毎日くるの?などと同時に質問されて固まるゆいさん。固まるゆいさんを放って今度は私を囲む子供たち。日本の子供は元気だなあ!

それでも大丈夫そうだったので、後でねーと手を振るとゆいも笑顔で手を振る。そして、定時になり迎えにいったら・・・・ゆいさんまさかのギャン泣き

ままぁーーー!と駆け寄ってきて離れない。先生が言うには途中までは嬉しそうにしていたけど、突然めそめそしだして元気をなくしたとのこと。ゆいが言うには「ママが居なくて寂しかったの」だそうだけど、カナダの預かり関係で、ママが居なくて泣いたことってないよね!?やっぱ少し環境が違うから戸惑ったのかなあ。よくわからないけど、でも火曜日は泣いてないし楽しそうだったとのこと。それでもすごく楽しいところでは無いようで、「また行きたい!」とは言わず。しかしもう1度くらいはいけそうなので、行かせるつもり・・・。来年の帰省時もお願いするかもしれないし、慣れの問題か、保育園が合わないのか、見極めたいところ。

3歳半☆微妙な初ディズニー

木曜日、今回の日本帰省ハイライトのひとつ、ディズニーランドに行ってきました。3歳まで無料ということで、理解力も深まる4歳手前が一番お得という話だったので。私も10年ぶりくらいだったのでとても楽しみにしていたんだけど…結果からいうと、やっぱり3歳でもまだ早かったな!

敗因は・・・

ゆいはアトラクションに乗れば、とても楽しそうでノリノリだったのだけど、とにかく早朝に起きたこともあってアトラクション間は「疲れた」「ストローラー乗りたい」「眠たい」連発。後ろを向けば次はどこへ行くかの指示待ち母と母彼。私の上がるテンションもあがりません!ひたすら地図や待ち時間を見て何とか要領よくやろう頑張っているだけで午前中が飛んでいった。

3歳児にはやはり規模が大きすぎるんだな。早いうちから歩かせるのはあきらめ、体力温存のために移動はストローラー。待ちの時は空いていたためか、ストローラーを降りるよう言われるため、立っていなくてはいけない。一応、並んでしまえばワクワクがあったのか、抱っこ攻撃に合わなかったのは本当によかった。


f:id:harumimapleleaf:20170528214434j:plain

ミニーちゃんのポップコーンバケツを婆ちゃんに買ってもらったのは多分、彼女の中で覚えていることの一つになるだろうくらいは喜んでいた。ポップコーン食べ放題だしね。幼児と行列に並ぶときは必須アイテムです。


f:id:harumimapleleaf:20170528214421j:plain

昼食はジャングルクルーズの前あたりでラーメン。ゆいはご飯も食べずに爆睡中。ディズニーにしては普通においしかった。カナダで食べられるレベルだけど(笑)そしてディズニーの要素はひとつもない。


f:id:harumimapleleaf:20170528214410j:image

昼食後に始まったパレード時に、ゆいをたたき起こすも無反応。大好きなプリンセスも目の前を通ったのに・・・。せめてエルサが居れば大分テンションも違っただろうに、今の日本のパークにはエルサはいない。なぜー。

3歳とスプラッシュマウンテン

今回のディズニーは、ゆいにとってはキャラクターよりも乗り物。特に何が面白かったと聞いたら、スプラッシュマウンテンらしい。ファストパスを取る時、ビックサンダーを取る予定だったのになぜか間違えてスプラッシュマウンテンの方を取ってもらってしまった。取ってきた母彼も、取ってきたものの、「まだ早いんじゃないの・・・?」と不思議そう。そうですよね。90CM以上なら乗れるのだけど、さすがに3歳児は見かけなかった。それでも落ちるコースターを見ても逆にテンション上がって乗りたい乗りたいと言うので乗せることに。

いつ落ちるのかわからないので、途中のメルヘンな感じなど目に入らない緊張気味のゆいさん。本番の落下前の2回の落下でこっち系がダメな私も、なぜビックサンダーマウンテンの方を取らなかったのかと後悔。本番前のカタカタ上るところでゆいが遂に「降りられないよね?」と弱音を吐く。

落ちた時は固まっていたゆいさんだったけど、落ちた切ったら「もぉ!かーお!濡れたし!」と濡れた事に文句を言うほどの余裕を見せていた(多分やせ我慢)ちなみに母も母彼ももう乗りたくないそうだ。

ゆいは、後はホーンデットマンションがやや強張っていた程度で他の大人向けのアトラクションも楽しんでいた。意外に度胸があります。 

 

それでもとっても幸運だったこと

ー予報が雨だった。しかし降ったのは午前中に傘が不要な程度で、午後は晴れ間もあった。
ー風があって涼しかった
ー空いている時期を狙ったのだけど、更に空いていた。パレードは場所を取らなくても2列目で見れるほど。一番混んでいたハニーハントでも40分くらい。大体は5分~15分で乗れた。
ー更にミュージカルの指定席に当選
ーアトラクションは全部で14個くらい乗れた
ー入場料は首都圏在住割引で1000円引き

なので、ゆいの初ディズニーの思い出としては微妙だけど元は取れたと思う。これで連日のように暑かったら、ゆいは更に動かなかっただろうし、15分の列で飽きて疲れていたので、1時間待ちとかだったらもう途中でアトラクションに乗るのは諦めていただろう。

でも・・・次回は小学1年生になってからでいいかな。少なくとも、一日歩き回れる体力が付いてから再トライしたい。そして次回は必ず姪も一緒に連れていこう。旦那もこれたらいいな。

 

f:id:harumimapleleaf:20170528214438j:plain

ディズニーの日は最後の最後まで眠い眠いを繰り返し、帰宅後速攻で爆睡。次の日は9時近くまで眠り、元気いっぱいのゆいさん。金曜日は近所でイオン、図書館、児童センターとのんびり過ごす。カナダとはそもそも違う生活だしこの程度でも十分に楽しそうでした。ちょっと今回も予定を詰め込みすぎたかー。

姪たちの襲来

毎年日本に帰省する大きな理由は唯一の同年代の親戚である姪と遊ばせること。3歳半のゆいと3か月違いの姪であるが、実母(妹)その他が認めるほどのおてんばガール。嬉しさや怒りを体全体で表現する彼女が1歳のころは、よく、嬉しさのあまりゆいにタックからの馬乗りでギャン泣きさせていた。

それでも去年あたりから大分目を離していても二人で遊べるようになり、今年は彼女も幼稚園児。大分聞き分けもよくなったし、ゆいもコミュニケーションが取れるほどには理解力とおしゃべりが上達したので、二人を会わせてやると、未だかつてないほど楽しそうに遊んでいる。

日本帰省した週の土曜日夕方にやってきた姪たち。ゆいは午前中からずっとワクワク。やっと訪れた再会に、「あっちゃん!」「ゆーい!」と見つめあった後、突然の爆笑!そのあとは玄関で、「あっちゃんのくつかわいいでしょ」「うん、ゆいのもかわいいよ」「かわいい!」とさっそく女子トーク。その後は寝るまで二人で大はしゃぎでした。

f:id:harumimapleleaf:20170524225316j:image

日曜日には午前中から横浜の子供の国へ。去年行き損ねたところ。 非常ぉに暑かった…。暑さに弱いカナダっ子のゆいはぐったり。姪すらぐったり。大人もぐったり。ふわふわドームなる屋外トランポリンもあったけど、飛んでいる子供たちは汗だく、顔は真っ赤。お風呂でのぼせているみたいになっていた。遊びたがっていた二人だけど、結局10分ほどで退散。

本当はミニ動物園に行きたかったけど、暑くてそれどころじゃない。軽く自転車のローラーコースター乗って、レストランで食事して、メインの水遊び場へ向かった。あたりまえだけど施設の殆どの子供が集まっているんじゃないかというくらいの人込み。子供はだらけで自分の子を見失いそうになる。

それでも姪には水が冷たかったようで、ものの15分ほどで寒いからとお終い!(珍しい!)ゆいはさすがカナダっ子。水から上がりたがらない。ただ、遊び相手がいないとわかると、さすがに渋々あがってきた(私が一緒に入ってやれるほど浅くなかった)
そのあと、激混みローラー滑り台で締めて帰宅

なんというか、子供の国はいろいろなアクティビティがあって楽しいところなんだけど、ひとつひとつの規模が小さい、そしてそれぞれが離れているので子供が歩かない…。正直、水遊びだけだったら地元の大き目の公園にある水遊び場のほうが落ち着いて、楽しめたんじゃないかと思う。

月曜日はアンパンマンミュージアムへ。中は前回入ったので、モールだけ行った。ヒーローショーをノリノリで見て、アンパンマンのパンを買い、おもちゃコーナーで遊んで、それだけでも十分楽しそうだった。施設を出たら二人とも寝てしまったので(ゆいさん、日本帰省後初の昼寝。それまで一切したがらなかったので不思議だったがやっと通常モードに少し戻ったのかも)そのままマークイズへ行き買い物。起きたころに外へ出て、横浜美術館前の噴水で遊ばせる。実際、子供の国の水遊びより楽しそうだった。まあ、日も落ちかけていてかなり寒そうだったけど。

f:id:harumimapleleaf:20170524225320j:image

 昼寝をして元気いっぱいの二人は、車の迎えを待つ間、ずーーと二人でハトを追ったり、くだらない冗談を言い合ったり、コンサートを開いたり(姪がw握手もしてくれる)、お菓子を食べたりしてとても楽しそうだった。

f:id:harumimapleleaf:20170524225417j:image

ゆいは一人っ子だし、同じ年代の親戚もいないし、国は違えど姉妹のように仲良く育っていて欲しいと思う。姪は幼稚園児になったものの、親友は男の子というほどのおてんばぶり。ゆいは遊ぶ場所に行くと「女の子いるかな~」と遊ぶ女子を探し出すほどの女子っぷり。性格はあまりにも違うけど、それでも血がつながっているからか今のところ気は合うようです。

 


f:id:harumimapleleaf:20170524225336j:image

しかし、火曜日、姪が自宅に帰宅する日に行った武蔵小杉のグランツリー。この日は酷かった…。二人の機嫌は最悪。一つのものを取り合うし、特にゆいは朝からぐずぐずぐず!この服着たくない。この靴じゃ行きたくない。疲れた。歩けない。食べたくない。お菓子食べたい。最後は姪とおもちゃを取り合ってまたケンカをしたのでお出かけ終了。少し早かったけど「帰りたくない」と大泣きするゆいを引きずって帰宅。ほんと疲れた…。

それでも最後は、お別れの時に姪がぐみを分けてくれて、ゆいはオモチャをシェア出来なかった自分が少しは悪かったと思えたようです。(後でなんで帰らなくてはいけないか聞いてみたら、おもちゃを貸せなかったからと言って次は貸すといっていた)

とりあえず、3日間一緒だったのがよくなかったのかもね。ママを取られたような気持になるみたいだし。


f:id:harumimapleleaf:20170524225407j:image
水曜日は私の以前からの友人と都内でランチ。おしゃれランチもゆい付きだったので全然堪能できず・・・。井之頭公園に行き、ボートが見えると絶対乗るとハッスルするゆいさん。友達が犬連れだったため、彼女はボートに乗れず、彼女に会いに来たのに娘とボートに乗る羽目になる。


f:id:harumimapleleaf:20170524225425j:image

まあ、ボートは楽しかったけど。

公園内は歩く歩く。思った通り途中からゆいは歩かなくなり、特に帰りの電車は地獄だったようで、昼寝もできず、疲れたのに席が空かずひんひん半泣きで立っていたら席を譲ってもらった・・・。都内までの乗り換えが大変なのでストローラーを持ってこなかった。昼寝もできず、電車も席が空いてなければ立っていなければならない。40分はとても無理だった。しかも相当眠かったらしく、譲ってもらった席で猫のように丸くなって熟睡してしまった様子を見てかわいそうだった…遠出の際は邪魔でもストローラーをもっていこうと誓った日でした。つうか、次は母に預けて行こう・・・

 

日本帰省中

 週頭から日本に里帰り中です。新居のリノベーションと酷い私の風邪と引越し準備、日本行き準備で、もう直前まで忙しくってバタバタでしたが、無事に日本に来ることが出来、ゆいと日本を満喫してます(^^♪

放置気味のブログだけど、楽しい時間を記録して行こうと思います


f:id:harumimapleleaf:20170519210852j:image
最初の二日間は買い物づくし。食材だけでなく、私とゆいの服なんかも。初日はゆいは、お婆ちゃんに大好きな桃天然水買ってもらい、お菓子も買ってアンパンマンのおもちゃも買って、お昼も好物の寿司とか、誕生日よりも豪華!


f:id:harumimapleleaf:20170519210834j:image
狭い庭には野菜が5種類くらい植わっていて、収穫を手伝ったり、バンクーバーより多い虫や花に興奮したり楽しそう

 

母と母彼が猛烈に構ってくれるので本当に嬉しそう!昼寝もせず朝も早くてとにかく寝るのも勿体無い!というのが分かる

ママ、ママとくっついてこないし、3歳手前で帰省した時酷かった時差ボケグズりも今回は全然マシだし。。。未だかつてないほど楽です(ToT)


f:id:harumimapleleaf:20170519211009j:image
そんな中でも今回は一時保育を少しだけ利用するつもりで、今日登録してきました。近い保育園で見つかってよかった!3件断られました。ここも最長3時間と言うことでホント激戦区=_=

 

登録で書く書類は母子手帳の無いカナダでは書けることが少なかった。いつ歯が生えたとか言葉を発したとか覚えてないわ…。特に予防接種記録が無いので、州のホームページで調べて提出したのだけどやっぱり違いがありました。

 

しかし日本脳炎やBCGは無いのはいいとしても、AB州ではB形カイエンが小5からでBC州では0歳児だった...。と言うことはABから引越してきたゆいは受けるチャンスが無いって事?帰ったら調べなければ…

 

午後は友人と会って近状報告。ゆいは100均おもちゃで遊んだり、公園や地区センターで遊ばせてました。夕方辺りから小学生たちが公園に集まってきて、友人のママ友たちも来て、その横を帰宅中のサラリーマンが歩き、実に賑やかな日本の夕暮れ時風景で和みました。

実家に戻ればお隣さんが、庭で採れたレタスを持ってきてくれたり、バンクーバーより人口の多い横浜でも、こんなに人と人が親しく出来るなんて素敵な事です

初の英語で幼児クラス

今日は初の英語での幼児向けクラスでした。

3歳の今までほぼ完全な日本語環境で生きてきたので、相変わらず「英語がマイナー言語」くらいの認識かと思われますが、去年の終わりあたりから旦那が英語での会話を始めたので、少しずつ理解するようになってきました。それでも多分、日本でも英語をちゃんと勉強している3歳児より出来ないと思う(゚з゚)

それでも、多分、地元のプリスクールに入れてしまえば、あっという間に英語が強くなると思われるので、とりあえず週1程度で英語環境の幼児クラスへ参加させてみようと申し込んでみました。

有難いことに、内容は幼児クッキングからバレーまで、本当に豊富。時間や期間も選べて本当にたすかります(しかも安い!)その中でも、「でんぐり返し」や「走りまわる」ことが出来る体操クラスに興味を持ち、申し込んでからずっと楽しみにしていたゆい、今日がクラスの初日でした。


f:id:harumimapleleaf:20170406083154j:image

始まってすぐ、「5分間部屋を走って!」で始まり、ジャンプで右行ったり、バックで左へ戻ったり。ただただ、体を動かしていく・・・・これ、部活で筋トレでやってたやつ!(゚Д゚;)
特にトランポリンや平均台は使わないみたい。でもさすがは幼児、ゆいは凄く楽しそう!

英語は「what is your name」に「ゆい!」と答え、「what is your favorite animal?」にも「ゆい!」と答えていたけど(ノ▽`)アチャー
とにかく周りと同じことをすればいいので問題はないようす

最初の20分くらいは、一応他の親御さんと一緒に隅に座ってみていたけど、夢中の様子なのでクラスを抜けて近くのスーパーへ。40分後、いそいそと戻って部屋を除いたらゆいが見えたので手を振る

(´;ω;`)ブワッ

「まーーまァーーー!!」

泣きながら部屋からかけ出て飛びついてきた・・・
どうやら、部屋の隅にママが居ないことに途中で気づき、さらに疲れてしまったらしい。そういえば1時間15分もあの運動量はゆいには無理だったわ!筋トレ1時間は無いわ。それによく見たら子供も数人減ってた・・・。スーパー行っててごめんよー。

小さなころから繊細だけど妙な度胸があるので、初日でもママ無しでダメだったことが無かった。今回は初のリタイアでしたが、たぶん疲れて休みたいのにどうしたらいいのかわからなかくてパニクったんだろうな。それでも「また行きたい!」と今のところ言っているけど、来週はとりあえず親同伴かな。

終わった後は、スーパー行ったならリンゴ買った?リンゴ食べたい!というので、与えたらペロリと一つ食べてしまった。車では爆睡。帰宅後もあれ食べたいこれ食べたいと、体操クラスでの消費カロリーも多かったのだと思われる。これでゆいも少しは体力つくかも!

f:id:harumimapleleaf:20170406083201j:image

 ちなみに帰りにドレスがセール中だったのでParty Cityに寄る。25ドルくらいのプリンセスドレスが5ドルとかで、エルサドレスもあったのだけど思った通り売り切れ…唯一、残っていたのは小学生サイズのシンデレラだけども、ゆいが欲しがったので購入。まあ5ドルだし…。

帰宅後はさっそく着替えて、シンデレラのDVD(しかもクラスで英語づいたのか、英語バージョンで)を観ている。

f:id:harumimapleleaf:20170406084311j:image

午前中に発行させていたアンパンも焼けました。なかなかイビツなアンパンマンが並んでいますが、きっと子供たちにはわかるまい。明日のプレイデートに持っていこう!レシピはこちら。3回作ったけど、3回とも失敗もなく、それなりに美味しいです。

cookpad.com